ペット供養サービス

人形

ペットメモリアルは長い歴史を誇るペット葬儀サービスです。最近はこういったサービスが増えていますが、信頼出来る専門業者を選ぶことが必要になります。葬儀は飼い主の希望に沿って様々なスタイルが選べるのです。

Read More..

動物霊園の利用

猫

ペットの供養の方法は様々です。実際に存在する動物霊園を利用したり、仮想上のお墓でほかの利用者と交流しながら供養するなど、多様化してきています。ペットの事を忘れないために、死から立ち直るために、自分のあった方法を見つけることが重要でしょう。

Read More..

ペットのお墓

猫

今までの歴史や変遷

ペットのお墓のこれまでの歴史や変遷についてですが、昔は家の敷地内である庭などに埋めて供養するのが普通でした。ペットを飼う人が増えるにつれて、アパートやマンション暮らしの人でも猫や犬を飼うことの出来る所が増えました。ただ、問題なのはアパートやマンションなどは、個人の庭などが無くペットが亡くなった時にも十分に供養することができません。個人の敷地外にペットの遺体を埋めることは、法律違反になってしまいます。そのような人のためにできたのが、ペットのお墓やペット霊園となっています1990年代から徐々に増えだし、2000年代にはペットのお墓を作る人が増えてきており、2010年代には凝ったペットのお墓が登場しだしました。

これからのペットのお墓

今後のペットのお墓についての動向ですが、色々な種類のものが増えていくと考えられます。ペットのお墓もオリジナルのものが作れたりと多種多様となっています。合同のペットのお墓から個人のものまで、金額や飼い主の望む傾向などに合わせて作れるようになっています。また、墓石などもペットの写真やイラストなどを組み込むことが出来るようになっているものまであります。ペットを一家族として扱う人が増えたため、この様なお墓がどんどん増えていくと予測することができます。また、ペットと一緒に眠りたいという飼い主のために、飼い主とペットが一緒に眠れるお墓というのが登場しています。このように飼い主の希望を汲んだものがこれからの傾向となっています。

Menu

ペット火葬について

犬

近年、ペットを大切な家族の一員として火葬してあげたいと思う飼い主は増えており、それにともなって今後も東京全域でペット火葬場・葬儀社・霊園は増えていくことが見込まれます。しかしその分各種トラブルも増えていきかねませんので、情報をより多く、しっかりと確認することが大切です。

Read More..

注目の記事